鉄分不足で現れる貧血の症状はサプリメントで治そう

夫婦

普遍的に存在する菌

夫婦

枯草菌とは、自然界や人間の体内にも普遍的に存在する菌のことです。枯れ草の表面にも存在することから枯草菌と名付けられました。人間の体内では群体として活動し、数えるときは1個体、2個体として数えます。主に腸内に存在し、特に近年では腸内フローラと呼ばれることもあります。他の菌と違う大きな特徴は、熱や酸に強いという点です。そのため口から取り込まれても胃酸や熱に負けず腸内まで届きます。また、枯草菌は身近な日本古来の伝統食にも使われています。醤油や味噌の発酵にもかかせませんし、納豆菌も枯草菌の一種です。近年では、様々な胃腸の不調を改善する効果があるとして研究が進んでいます。様々なかたちのサプリメントや食品としてさらに身近な存在となってきています。

枯草菌が近年注目をあび、研究が進んでいる理由は高い腸内環境の改善効果のためです。枯草菌は腸内で善玉菌を増やす効果があります。そのため、腸内環境を良好な状態に保ち、便秘、下痢といった不調を改善する効果があります。近年患者が増加している過敏性腸症候群の改善にも効果があるとされています。特筆すべきは熱と酸への耐性です。乳酸菌など腸内環境を整える効果のある菌は他にも多く存在しますが、そうした菌の多くは熱や酸に弱いという特徴がありました。そのため、実際はそこまで高い効果が見られないこともありました。ですが枯草菌は熱や酸に強いため大腸まで確実に届くというメリットがあります。そのため、より腸内環境の正常化に効果的として注目を集めているのです。